クレジットカード現金化を利用して信用情報に傷がつかないの!?

これまでにお金を借りて、滞納してしまった経験がある人は、信用情報に傷が付いている状態です。その状態では、新たにお金を借りることは難しいでしょう。それでは、クレジットカード現金化を利用した時は、信用情報に傷が付いたりしないのでしょうか。信用情報について、クレジットカード現金化と信用情報の関連性について、調べてみました。

ショッピング枠の現金化は信用情報機関に記録が残らない

1

3つの信用情報機関がある

信用情報とは、クレジットやローンなどの申し込みや契約に関する情報のことです。
クレジットやローンの申し込み内容、契約内容はもちろん、支払い状況や借り入れ残高などの情報が登録されます。

主に3つの信用情報機関があります。

・JICC(日本信用情報機関)
クレジットカード会社、貸金業者、保証会社、金融機関などが加盟しています

・CIC(シー・アイ・シー)
クレジットカード会社、消費者金融、携帯電話会社などが主に加盟しています

・JBA(全国銀行個人信用情報センター)
銀行、信用金庫、信用組合、農協などが加盟しています

クレジットやローン、キャッシングなどを使うと、ほぼこの3機関のいずれかにお金を借りたという情報が登録されます
この3機関は、互いに情報を共有していますから、誰が・どこで・いくら借りているかを、すべて把握されているのです。

お金を借りる時は、必ず審査がありますね。
この審査の1つとして、信用情報機関に問い合わせて、借り入れの履歴を確認しているというわけです。

そこで、すでに多額のお金を借りていることが分かると、審査に落ちてしまうこともあります。
とくに、借りたお金の返済を何度も遅れたことがあったり、現在でも滞納していたりすると、「この人は借金を返済できない」と判断されて、当然審査に落ちるでしょう。

遅延や滞納は、非常に印象が悪くなってしまいます。
信用でお金を貸しているのに、その信用を裏切っているわけですからね。
これが、信用情報に傷が付くという状態です。

そして、遅延や滞納を繰り返していると、いわゆるブラックリストというものに登録されます。
ブラックリストに登録されてしまうと、今後、キャッシングやローンを利用できなくなってしまいます

契約に関する内容や返済情報は、完済日から5年は信用情報機関に残ります。
債務整理や強制退会、破産申立なども、発生してから5年は残ります。

つまり、上記のような金融トラブルを起こしてしまうと、その後5年はお金を借りられなくなってしまうのです。

2

申し込みブラックになることも

遅延や滞納は、ブラックリストに載っても仕方ないですよね。
ただ、遅延や滞納をしていなくても、いわゆるブラックになってしまうことがあるのです。

それが「申し込みブラック」です。
キャッシングやカードローンなど、借り入れの申し込みをしただけでも、審査に通る・通らないに関わらず、「申し込みをした」という記録が残ります。
申し込みをしたという記録は、最長6ヶ月残るようです。

お金が必要だからといって、短期間に何度も借り入れの申し込みを行うと、「かなりお金に困っている状態なのでは?」と判断されて、審査に落ちてしまうのです。
これが、申し込みブラックという状態です。

申し込みブラックになってしまうと、もちろんその後の審査はすぐに落ちてしまうでしょう。
キャッシングやカードローンを申し込む時は、過去6ヶ月以内に何度も申し込んでいないか、きちんと確認してから申し込むようにしてください。

3

現金化で信用情報は傷つかない

さて、それでは、クレジットカードの現金化は、信用情報機関に登録されるのでしょうか。
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。
表向きはショッピング枠で買い物をしただけですから、借り入れではありません。

ということは当然、信用情報機関に記録が残ることもありませんし、傷が付くこともありません

そのため、「信用情報に傷を付けたくない」もしくは「すでに傷が付いているけど、お金が必要……」という人に、うってつけの現金調達の方法なのです。

もちろん、ショッピング枠を利用したら、その後カードの支払い日があります。
支払い日に遅延したり、滞納したりすれば、信用情報機関にクレジットカードの支払いに遅延・滞納したという記録が残りますので、注意してください。

先ほど、「表向きは」と書きましたが、その意味が分かりますか?
クレジットカードのショッピング枠を現金化に利用することは、カード会社の利用規約で禁じられているのです。
カード会社に現金化がバレてしまったら、カードが利用停止になってしまいます。
最悪の場合、強制退会になってしまうこともあります。

金券・商品券など、換金性の高い商品ばかりショッピング枠で購入していると、カード会社に現金化を疑われてしまいます。
クレジットカード現金化をするなら、現金化業者に依頼することをお勧めします。

あとがき

クレジットカード現金化と信用情報の関連性について、解説しました。
クレジットカード現金化によって、信用情報が傷つくことはありませんから、安心して利用してください。

ただし、カード現金化は規約で禁止されている、グレーな存在です。
カード会社にばれないように、現金化業者と取引することを推奨します。

一部で詐欺的な業者もありますから、優良な現金化業者を選んでください。

クレジットカード現金化新着記事一覧

共有する

クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP