買取方式専門のたんぽぽギフト 現金化サービスの利用は要確認!

たんぽぽギフトは、2014年創業のクレジットカード現金化業者です。 買取方式専門で、現金化のサービスを展開しています。 数多くのキャンペーンも実施していて、利用者から好評を博しているようです。 たんぽぽギフトの現金化の特徴について、紹介していきたいと思います。

Amazonギフト券の買い取りを中心に現金化

たんぽぽギフトは、現在のクレジットカード現金化業界では珍しく、買取方式専門でクレジットカード現金化を行っています。

とくに近年はAmazonギフト券の買い取りが中心になっているようです。

換金率を統一し、分かりやすくシンプルなサービスが特徴となっています。

実質換金率は75%程度

たんぽぽギフトのホームページを見ると、「なんと何度でも即日振込90%保証」と大々的に掲載しています。

どんな利用金額であっても、換金率が一律90%であれば、かなりの高換金率だと言えるでしょう。

ただし、残念ながら、これは実質換金率ではありません。

この90%から、手数料や消費税などが引かれてしまいます。
合計15%といったところでしょうか。

買取商品の種類によって多少異なりますが、実質換金率は75%程度だと思われます。

クレジットカード現金化を利用したことがある人なら、手数料や消費税がかかることはよくご存じだと思いますが、初めての人は実質換金率90%と勘違いしやすいので、気を付けてください。

月・金曜日は最大3万円キャッシュバック

たんぽぽギフトでは、毎週月曜日と金曜日の利用がお得です。

月曜日か金曜日に現金化を利用して、特定の条件を満たしていると、最大3万円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施しているのです。

特定の条件についての記載はホームページにないので、詳しくはたんぽぽギフトに問い合わせてみてください。

ただ、最大3万円も換金額が増えるためには、おそらく高額での利用が必要になるかと思います。
100万円以上もの利用になれば、最大3万円のキャッシュバックを受けられやすいのではないでしょうか。

水曜日は換金率最大3%アップ

毎週水曜日の利用もお得です。
水曜日にすべての手続きが完了した上で、特定の条件を満たすと、換金率が最大3%アップするキャンペーンを実施しています。

換金率が最大3%もアップしたら、かなりお得に現金化ができますね。

ただ、水曜日キャンペーンの特定条件も、ホームページに記載がありません。

換金率をアップさせたいなら、あらかじめたんぽぽギフトに問い合わせてみましょう。
おそらく水曜日は混雑するので、前日に電話するのが良いかも知れません。

たんぽぽギフトを利用する時の注意点とは

たんぽぽギフトは、買取方式専門のクレジットカード現金化業者です。

現金化に関する豆知識も掲載していて、利用者に親切なのですが、その中にはキャッシュバック方式の現金化業者を、すべて悪質業者と決めつけてしまっているような記載も見受けられます。

買取方式の魅力を伝えるためとはいえ、キャッシュバック方式をすべて悪者にするかのような説明は、褒められたものではありません。

豆知識を鵜呑みにせず、現金化に関する正しい知識を身に付けて、冷静に判断しましょう。

たんぽぽギフトを利用する際の注意点を紹介します。

古物商営業許可番号の記載がない

たんぽぽギフトは、買取方式によるクレジットカード現金化を行っているので、古物営業法に基づき、古物営業許可番号を取得して、ホームページに記載しなければなりません。

また、たんぽぽギフトは東京で営業しているため、東京都公安委員会のホームページで古物商営業URL届け出一覧に掲載されている必要もあります。

しかし、たんぽぽギフトのホームページを見ても、古物商営業許可番号の記載がありません。
東京都公安委員会のホームページの、古物商営業URL届け出一覧にも、たんぽぽギフトの名前は見当たりません。

古物営業法に基づく記載がないことを、利用者は理解しておく必要があると言えるでしょう。

古物営業許可番号を確認すること

古物営業許可を取得していない業者と取引した場合、もしクレジットカード決済を行った後に現金が振り込まれなかったとしても、泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

古物営業許可を取得している古物商なら、決済後にお金を払わないなどという苦情が来るなど、問題のある営業を続けていたら、古物営業許可が取り消し処分となる可能性があります。

正規の古物商は、そんな悪質なことをしない可能性が高いと言えるでしょう。

ただ、たんぽぽギフトが古物営業許可を取得しているか、していないかは分かりません。
ホームページに記載していないだけかも知れません。

たんぽぽギフトで買取方式のクレジットカード現金化を行う場合は、古物営業許可番号を聞いて、東京都公安委員会のホームページに掲載されている情報と一致するかを確認することをお勧めします。

Amazonギフト券を直送してはいけない

買取方式の現金化であれば、以前は新幹線回数券などの金券、家電製品、高級ブランド品が多かったです。

最近は、換金率の高さと売買の簡単さから、Amazonギフト券のEメールタイプが主流になりつつあります。

Amazonギフト券のEメールタイプなら、Eメールをたんぽぽギフトに転送するだけで買い取ってくれますから、以前のように商品を発送する必要がないためです。

Amazonギフト券は、需要が高いので、換金率も高めですからね。

さて、Amazonギフト券を購入する時、たんぽぽギフトのEメールアドレスを入力して直送してしまえば、転送する手間が省けて便利と思うかも知れませんが、その方法はNGです。

Amazonのホームページで購入したAmazonギフト券のEメールタイプを、たんぽぽギフトに直送してしまうと、利用者の所持品を買い取るという体裁を保てなくなってしまうためです。

たんぽぽギフトでは、あくまでも利用者が購入した商品を買い取るという形でしか現金化できません。

Amazonギフト券のEメールタイプを購入する時、たんぽぽギフトに直送しないように気を付けてください。

本人確認書類の提出が必要

クレジットカード現金化業者を利用する時、必ず本人確認書類の提出が必要です。

たんぽぽギフトでは、買取方式を採用していますから、古物営業法に基づき、1万円以上の買い取りを行う場合は本人確認を義務付けられているのです。

本人確認は、写真付き身分証明書に限定しています。
運転免許証などですね。

たんぽぽギフトでは、本人確認書類を提出するまで、実際の換金率を教えてもらえないようです。

本人確認は必要ですが、クレジットカード情報をたんぽぽギフトに送る必要はありません。

Amazonギフト券を購入するにしても、Amazonホームページで購入してクレジットカード決済を行いますから、たんぽぽギフトにクレジットカード情報を伝える必要性がないのです。

たんぽぽギフトでも、あくまでも利用者の所持品を買い取るだけですから、クレジットカード決済には一切関わらないというスタンスを取っています。

クレジットカード決済に関わっていないため、当然、たんぽぽギフトではクレジットカード事故もないということになります。

買取方式は入金が遅い?

一般的には、買取方式のクレジットカード現金化は、入金までに時間がかかります。
利用者が購入した商品を、現金化業者に発送して、届いた時点で買取査定が行われるためです。

キャッシュバック方式では、クレジットカード決済が完了すれば、すぐに入金手続きに移れるため、即日で現金化できるのです。

ただ、たんぽぽギフトのクレジットカード現金化は、Amazonギフト券のEメールタイプが中心となっています。
Amazonギフト券を購入して、すぐにメールを転送するだけなので、商品が届くのを待つ時間をカットできるのです。

とはいえ、Amazonギフト券のコード残高を、スタッフが手作業で確認する必要があるため、場合によっては即日で現金化できない可能性もあります。

また、Amazonギフト券のEメールタイプは、現金化業者がAmazonアカウントへ登録するケースと、市場で転売するケースがあります。

Amazonアカウントに登録するケースでは、すぐに入金できる分、換金率が低くなりがちなんだとか。

一方で、Amazonギフト券のEメールタイプを市場で転売するケースでは、市場で売れない限り入金できないため、時間がかかります。
その代わり、換金率は高めになるでしょう。

たんぽぽギフトでは、買取から入金まで、数時間の時もあれば翌日になってしまうこともあります。
それは、Amazonギフト券の転売による現金化を行っているためだと考えられます。

たんぽぽギフトでの現金化のメリットとは

たんぽぽギフトでのクレジットカード現金化には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

前述の注意点と、このメリットを照らし合わせて、利用するかどうかを決めてください。

クレジットカード情報を送らなくて良い

利用者が、AmazonホームページでAmazonギフト券を購入するので、たんぽぽギフトにクレジットカード情報を送る必要はありません。

他の現金化業者では、本人確認書類に加えて、クレジットカード券面の画像データの送付を義務付けているところもありますが、セキュリティ面で不安が残りますよね。

クレジットカード情報を送らなくて良いのは、大きなメリットです。

分割払いでの購入も可能

一般的なクレジットカード現金化では、現金化業者が指定した商品を購入するため、一括払いにしか対応できないという特徴がありました。

たんぽぽギフトでは、Amazonギフト券のEメールタイプを利用者が購入しますから、Amazonホームページで支払い回数などを選択できます。

そのため、クレジットカード現金化での支払いについて、無理なく返済が行えるメリットがあります。

最短で即日入金も可能

たんぽぽギフトでのAmazonギフト券買取は、Amazonホームページで購入したAmazonギフト券のEメールタイプを、たんぽぽギフト指定のメールアドレスに転送することで、早期の現金化が可能です。

たんぽぽギフトのEメールアドレスに届いたAmazonギフト券コードを残高照会する作業が手入力となるため、スタッフによる確認作業が必要になります。

その進捗状況は、営業時間内の8時~22時であれば、いつでも確認することができます。
ゆうちょ銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行など、モアタイムを導入している銀行口座を持っていれば、たんぽぽギフト側で現金化できたタイミングで、入金してくれるでしょう。

たんぽぽギフトでは、高換金率を維持するために、できる限り市場で高く売れるように努力しています。
高く売れた段階で入金されるため、いつ入金されるか不安な場合は、遠慮なく問い合わせてみましょう。

Amazonギフト券の送付前ならキャンセル可能

たんぽぽギフトに申し込んで、Amazonギフト券を購入したのは良いけれど、やっぱり不安になったので、キャンセルしたい……。

そんなことは可能なのでしょうか。

Amazonギフト券をたんぽぽギフトに送付する前であれば、いつでもキャンセル可能です。

たんぽぽギフトに送付してしまうと、キャンセルできないので、注意してください。

申し込み後のキャンセルはOKと言えど、もちろん土壇場でキャンセルするのは、たんぽぽギフトに迷惑をかけますから、不安に感じているなら、申し込む前に不安な点を解消しておくのがベターです。

たんぽぽギフトの現金化が選ばれる理由とは

たんぽぽギフトのホームページでは、「たんぽぽギフトの現金化が選ばれる理由」を掲載しています。

どのような理由があるのか、見ていきましょう。

すべてのクレジットカードが利用可能

現金化業者によっては、「JCBは30万円まで」「AMEXは即日プラン不可」「三井住友カードは使用禁止」など、クレジットカードの種類によって利用できないカードがあったりします。

たんぽぽギフトでは、そんな心配が一切不要で、すべてのクレジットカードが利用できるとのことです。

15時以降でも入金可能

一般的にクレジットカードのショッピング枠を現金化した場合、利用者が指定した銀行口座に振り込み送金となりますが、以前は15時を過ぎてしまうと、翌日振込となってしまいました。

たんぽぽギフトでは、楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行をはじめとするネットバンキングを中心に、モアタイムを導入している銀行口座を持っていれば、15時以降でも即時入金が可能となっています。

国内決済会社で安全な決済

悪質な現金化業者ですと、怪しい海外サーバによるカード決済になってしまうことがあるようです。
怪しい海外サーバは、ダミー会社でも契約できてしまうようなシステムのため、不正利用も起きやすいのだとか。

たんぽぽギフトが現金化で利用する主な決済ラインは、大手ブランドショップや、大手ネットショップと提携している国内決済会社での決済となるため、クレジットカード事故の心配は一切ないとのことです。

リピーターにも換金率アップの特典

たんぽぽギフトでは、クレジットカードを持っている人なら、全国どこに住んでいても、審査・担保・保証人一切なしで利用できます。

即日手続きで、最短3分での入金も可能とのことです。

2回目以降のリピーターなら、さらに時間を短縮して現金化ができます。

2回目以降でも換金率アップの特典が付くため、利用すればするほどお得に現金化ができるようです。

ヤラセ的な広告は出さない

Yahoo!やGoogle等の検索サイトで「現金化 比較」「現金化 口コミ」といった検索をかけると、クレジット現金化口コミサイトや現金化ランキングなどの掲示板・比較サイトがたくさん出てきます。

これらのサイトの中には、サクラを雇って、良い口コミばかりを書かせたり、ランキング型サイトにお金を払って上位表示を依頼したり、というヤラセ的なものも残念ながらあります。

たんぽぽギフトでは、そのようなサイトに広告を出したりしていないにも関わらず、多くの利用者を獲得しています。

量よりも質、リアルな露出と評価が、たんぽぽギフトが選ばれる最大の理由とのことです。

まとめ たんぽぽギフトでの現金化はリスク確認を!

たんぽぽギフトのクレジットカード現金化は、Amazonギフト券のEメールタイプの買い取りによる現金化です。

利用者がAmazonホームページで購入したAmazonギフト券のEメールタイプを、たんぽぽギフトに転送して、買取を依頼します。

たんぽぽギフト側で現金化処理が完了した順に入金されるので、最短で即日入金ですが、状況によっては翌日になる場合もあります。

また、古物営業許可番号が記載されていない点にも不安が残ります。

たんぽぽギフトで現金化を行う時は、古物営業許可番号を確認してから行うことをお勧めします。

クレジットカード情報を送らなくて良いというメリットもありますが、リスクもありますから、リスクとメリットを比べて、利用するかどうかを判断してください。

口コミサイトを検索して、利用者の声を参考にしてみるのも良いと思います。

クレジットカード現金化新着記事一覧

共有する

クレジット現金化業者リスト

クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP