2016年創業の換金クレジット リピーターが多い理由を考察!

換金クレジットは、2016年創業のクレジットカード現金化業者です。 まだ4年程度して現金化事業を続けていないですが、すでに多くのリピーターを獲得しているとのことです。 数多くの現金化業者がある中で、換金クレジットが選ばれる理由は何なのか。 さっそく調査開始です。

換金クレジットの基本情報をチェック!

換金クレジットは、どのような現金化業者なのでしょうか。
まずは会社概要をチェックしてみましょう。

換金クレジットに限らず、優良なクレジットカード現金化業者かどうかを確かめる方法の1つとして、会社概要を確認することが挙げられます。

住所や代表者名などが正確に載っているかを確認してください。
きちんと事業を展開している現金化業者であれば、正々堂々と会社の情報を公開できるはずですからね。

その点で、換金クレジットは、住所や代表者名をきちんと公開しているので、第一段階としては信頼できる現金化業者と言えます。

運営会社はトラストオブファイブ

ただ、換金クレジットという名称は、あくまでも屋号です。

換金クレジットを運営している会社名は、公式サイトには載っていません。

そこで、公式サイトのドメイン取得者情報を調べてみると、運営会社は株式会社トラストオブファイブであると分かりました。

新規ドメインを2016年に取得して、それ以来継続的に運用しているので、クレジットカード現金化業者として堅実に事業を展開しているのだと思います。

古物営業許可番号が掲示されている理由

換金クレジットは、キャッシュバック方式の現金化業者です。

キャッシュバック方式ですから、商品を買い取るタイプの現金化ではありません。
それなのに、公式サイトでは、古物営業許可番号が掲示されています。

古物営業許可番号とは、商品の買い取りを事業として行うためには、古物営業許可を取得する必要があり、その許可を取得すると発行される番号です。

換金クレジットの古物営業許可番号
東京都公安委員会許可第303330907865号

換金クレジットのホームページに古物営業許可番号が載っているということは、場合によっては、買取方式の現金化も行っているのかも知れません。

上記の古物営業許可番号を調べてみると、同じ古物営業許可番号を掲出しているサイトがありました。

アマトク http://www.amatoku-wari.jp/
ギフトかんきんわん http://big-one.biz/

上記の2サイトは、Amazonギフト券買取専門業者として運営しています。

住所はそれぞれ異なりますが、運営会社は換金クレジットと同じくトラストオブファイブだと思われます。

つまり、換金クレジットでキャッシュバック方式ではない現金化を提案されたら、Amazonギフト券の買い取りによる現金化である可能性が高いと思います。

東京都公安委員会の古物商届け出一覧に掲載されていない

換金クレジットがホームページに掲載している古物営業許可番号を、東京都公安委員会の古物商ホームページで見ても、届け出一覧に掲載されていません。

なぜ、掲載されていないのか、理由は分かりません。

古物営業法に基づき、中古品の買い取りといった古物営業を行うには、管轄の公安委員会へ届け出する義務があります。
届け出が受理されていれば、許可番号が発行されて、東京都公安委員会の古物商ホームページで届け出一覧に掲載されているはずですから、その点は疑問が残ります。

ですから、換金クレジットでクレジットカード現金化を行う場合は、キャッシュバック方式で行うことが、リスクを回避して安全に現金化を行うポイントであると思います。

Amazonギフト券の買い取りによる現金化を行う場合は、本当に古物営業許可番号を取得しているかどうか、換金クレジットに確認してみる必要があるでしょう。

基本的な情報をしっかり公開している

先ほども書いた通り、クレジットカード現金化業者の良し悪しを判断する方法の1つとして、特定商取引に関する法律に基づく表記をしっかり行っているかどうかが挙げられます。

換金クレジットでは、住所・電話番号・代表者名・営業時間がしっかり明記されており、取引先銀行まで開示しているので、基本的な情報はしっかり公開していると思います。

きちんと情報を公開しているので、まずは信用できる現金化業者と言えるのではないでしょうか。

換金クレジットが選ばれる理由

いまやクレジットカード現金化業者は数多くあります。
その中で、なぜ換金クレジットが選ばれるのでしょうか。

2016年から堅実に事業を継続している理由を考察していきます。

当日プランで即日入金が可能

クレジットカード現金化を利用したいと考えている人は、急にお金が必要になったという理由が非常に多いと思います。

換金クレジットでは、少しでも早く現金を手にしたい人のために、当日プランを設定しています。

通常プランでは、現金化の申し込みから口座への振り込みまで3~7日ほどかかるのですが、当日プランでは申し込んだその日に入金してくれるので、急いでいる人には便利なサービスです。

当日プランを利用するための条件は次の2点。

  • 換金クレジットから指定された商品をクレジットカード決済で購入すること
  • 平日14時45分までに、換金クレジットのほうで決済手続きの確認が済んでいること

また、以下の4銀行口座を振込先に指定すれば、平日15時以降でも入金してもらうことが可能です。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行

当日中に現金を調達したいなら、上記の銀行口座を準備しておきましょう。

換金クレジットの営業時間は8~21時。
上記の4銀行のいずれかの口座を持っていて、当日プランを申し込んで、営業時間内にクレジットカード決済を完了させれば、当日中に入金してもらえます。

時間がかかっても、少しでも多くの現金を入金してほしいなら、通常プランを選択しましょう。
当日プランよりも換金率が良くなります。

高換金率でキャンペーンも実施

換金クレジットの換金率は、どれほど高いのでしょうか。

換金率表を見てみましょう。

申し込み金額 当日プラン 通常プラン
1万~10万円 91% 92%
11万~50万円 93% 94%
51万~100万円 95% 96%
101万~200万円 97% 98%

当日プランは換金率91~97%、通常プランは換金率92~98%。
1%だけ換金率が異なります。

また、換金クレジットでは、キャンペーンも実施しています。
ホームページに掲載しているキャンペーンについて、申し込んだ時に電話でキャンペーン利用を宣言すると、最大5%も換金率がアップします。

  • 個人の利用者 キャンペーン利用宣言で換金率3%アップ
  • 個人事業主の利用者 キャンペーン利用宣言で換金率3%アップ
  • 法人の利用者 キャンペーン利用宣言で5%アップ

法人であれば、最大5%も換金率がアップします。
経営者で資金繰りに悩んでいるなら、クレジットカード現金化を検討してみるのも良いと思います。

例えば、法人利用で100万円の現金化を当日プランで行う場合は、どうなるのでしょうか。
換金率95%+キャンペーン5%=100%

100%、つまり100万円を振り込んでくれるのかと期待してしまいますが、そうではありません。

この換金率で換算した金額から、手数料や消費税が引かれるので、実質換金率100%にはならないのです。
実際は80~90%ぐらいになるでしょう。

実質換金率がいくらになるかは、利用金額によっても異なりますので、詳しくは換金クレジットに問い合わせてみてください。

申し込みから入金までの手順

換金クレジットを利用しようと考えているなら、現金を手に入れるまでの手順を把握しておきましょう。

キャッシュバック方式の現金化の手順を把握しておけば、不安に感じることなく、スムーズに取引を進めることができます。

申し込み

換金クレジットに申し込む方法は次の5つです。

  1. 電話
  2. FAX
  3. ホームページの申し込みフォーム
  4. メール
  5. 店舗を訪れる

FAXや店舗でも申し込める現金化業者は珍しいですね。
基本的には店舗を訪れなくても現金化できるので、電話かホームページの申し込みフォームで申し込む形になります。

クレジットカード決済

申し込みフォームから申し込むと、換金クレジットのスタッフから電話がかかってきます。

電話では、申し込みの意思確認と、利用金額に対して実際に振り込まれる金額の案内があります。
その金額に了承したら、本人確認書類をスマホで撮影して、メールに添付して送ります。

すると、換金クレジットから商品決済URLがメールで送られてくるので、そのURLにアクセスして、クレジットカード決済を行います。

カード決済では、支払い回数も選択可能です。
一括払いが厳しいと思うなら、分割払いを選ぶと良いでしょう。
ただし、分割やリボ払いは金利手数料がかかりますから、計画的に利用してください。

指定の口座へキャッシュバック

換金クレジットのほうでカード決済を確認できたら、当日プランを申し込んでいればその後すぐに、通常プランを申し込んでいれば3~7日で、指定の銀行口座に入金となります。

指定の銀行口座が、ゆうちょ銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行のいずれかであれば、即時振込できるため、平日15時以降や土日でも入金を確認することができます。

後日届く商品を受け取る

換金クレジットのクレジットカード現金化は、商品の購入に対するキャッシュバックとしての入金です。

後日、購入した商品が届きますから、必ず受け取ってください。
商品を受け取らないと、キャッシュバック自体が無効になってしまいます。

当日プランでその日のうちに入金があったとしても、その後の商品は必ず受け取らなければなりません。

自宅に送ってほしくない場合は、換金クレジットに相談してみると良いでしょう。
配送会社留めにしておくなど、代替案を提示してくれると思います。
家族にバレないように現金化できますから、安心してください。

換金クレジットが多くのリピーターを獲得している要因とは

換金クレジットは、創業からまだ4年程度ですが、すでに多くのリピーターを獲得しているようです。
多くのリピーターを獲得できている要因とは何でしょうか。
換金クレジットの特徴を上げていくことで、明らかにしていきたいと思います。

ほぼすべてのクレジットカードを利用可能

クレジットカード現金化業者は、アクワイアラーと契約したり、クレジットカード決済代行業者と契約したりして、クレジットカード決済を行っています。

アクワイアラーとは、国際ブランドであるVisaやMasterCardなどからライセンスを取得し、加盟店の開拓や審査、管理をする機関です。

現金化業者は、カード決済を行う時に決済手数料がかかるのですが、カード決済手数料はアクワイアラーや決済代行業者によって違いがあります。

例えば、VISAやMasterCardなら5%、JCBは8%など、異なるケースもよくあるのです。
もし、上記のような決済手数料であったら、JCBのカードを利用されると、決済手数料が8%もかかって、現金化業者にとっては大きな負担となってしまいます。

そのため、現金化業者によっては、利用できないクレジットカードを設定していることも少なくありません。

しかし、換金クレジットでは、国際5大ブランドにすべて対応しています。

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JCB
  4. AMEX
  5. Diners

一般カードであっても、ゴールド・プラチナカードであっても、日本国内で発行されているクレジットカードであれば、ほぼ利用できると言っても過言ではありません。

そして、どのクレジットカードを利用しても、換金率は変わりません。

どのカードも使えるのが人気の理由の1つと言えるでしょう。

分割払い・リボ払いを選択できる

クレジットカード現金化には、買取方式とキャッシュバック方式があります。

買取方式では、クレジットカード決済で購入した商品を買い取る形で現金化を行う訳ですが、これは横領に当たってしまう可能性もあります。

なぜなら、クレジットカードで購入した商品代金を支払うまでは、その商品の所有権は代金立て替え払いを行っているクレジットカード会社にあるためです。

商品代金を支払う前に、カード会社が所有している商品を売却しているので、横領に当たってしまうという訳です。

そのため、なるべく短期間で利用者の支払いが終わるように、一括払いによる決済しか受け付けないケースが非常に多いです。

一方、キャッシュバック方式の現金化は、購入した商品を利用者の自宅に発送していて、代金完済まで自宅で利用者が保管することになっていますから、横領には当たりません。

また、利用者が自宅で保管しているので、商品が転売されるおそれはありません。
そのため、一括払いだけでなく、分割払いやリボ払いを支払い方法に設定している現金化業者が多いです。

換金クレジットでも、分割払いやリボ払いを選択できます。

さて、ショッピング枠で商品を購入した時、一括払いを指定しても、後でクレジットカードのマイページにアクセスして、支払い回数を変更することもできますね。

しかし、この支払い回数を変更する手続きは、意外と面倒なものです。
クレジットカード会社の設定した締め日もありますから、早めに変更しないと、変更ができなくなったりもします。

また、後で変更する場合、リボ払いにしか変更できないクレジットカードが多いです。
2回の分割払いに変更できれば、金利手数料はかからないのですが、リボ払いですと2回でも金利手数料がかかってしまいます。

換金クレジットであれば、商品を購入するときに分割払いを選択して、金利手数料を抑えることも可能なのです。

現金化コラムを多数掲載

換金クレジットでは、クレジットカード現金化に関するコラムを多数掲載しています。

クレジットカード現金化とはどんなものなのか、どのように現金化業者を選んだら良いのか、など利用者にとって有益な情報がたくさん載っています。

利用者が満足いく現金化ができるように、多くの情報を提供してくれているのは、非常にありがたいことです。

例えば、以下のような基礎知識を提供してくれています。

なぜクレジットカード現金化に本人確認が必要なの?

クレジットカード現金化を利用する時、本人確認書類の提出はおろか、クレジットカード券面の画像データの提出を求める現金化業者もいます。

一番厳しい現金化業者では、クレジットカードを顔の横に掲げた状態で写真を撮って、その画像を送るように指示してくるところもあるくらいです。

なぜ、クレジットカード現金化に、本人確認が必要なのでしょうか。

クレジットカード現金化業者は、クレジットカードの不正利用をもっとも恐れています。
例えば、もし盗難したクレジットカードを使って現金化されたなら、カード会社から現金化業者も目を付けられてしまうでしょう。

クレジットカード名義人の本人が、自分の意志でクレジットカード現金化を行っていることを確認するため、本人確認をしっかりと行っているのです。

また、買取方式による現金化では、古物営業法に基づき、買取額1万円以上の場合に古物買取台帳へ売却者の本人確認情報を記載することが義務付けられています。

換金クレジットでは、キャッシュバック方式を採用しているので、本人確認書類の提出と、本人名義のクレジットカードを利用していることを確認できれば、問題なく現金化ができます。

自分でもクレジットカード現金化ができる?

換金クレジットのコラムでは、自分でできるクレジットカード現金化についての紹介もあります。

「そんなことを紹介したら、みんな自分で現金化をしてしまうのでは?」と思ってしまいますが、そこにはリスクがあるので、注意喚起を行っているのです。

自分でできる現金化としては、新幹線回数券や高級ブランド品、人気ゲーム機、Amazonギフト券をクレジットカード決済で購入して、金券ショップや買取店で買い取ってもらうという方法があります。

しかし、そのような換金性の高い商品ばかりクレジットカードで購入していると、カード会社から換金目的でのカード利用と判断されかねません。

最悪の場合、クレジットカードが利用停止になってしまうでしょう。

換金クレジットにクレジットカード現金化を依頼すれば、そのようなリスクが限りなく低い、安全な現金化ができます。

悪質な業者の手口を紹介

換金クレジットのコラムでは、悪質業者の手口を紹介して、利用者に注意喚起を行っています。

これは初めての利用者にとっては、非常に有益な情報ですね。
悪質業者に引っかかってしまったら、現金化に対するイメージが悪くなってしまい、二度と現金化を利用しないと思うでしょう。

そんな悲劇を生まないために、悪質業者の手口を紹介して、少なくとも悪質な業者と取引しないようにしてくれているのです。

店舗を訪れることも可能

換金クレジットでは、店舗を訪れて、対面で現金化を申し込むことも可能です。

換金クレジット住所
東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207

都内近郊に住んでいる人でなければ訪問できないですが、電話だけでは不安と感じているなら、直接お店に行ってみると良いでしょう。

いまや店舗でクレジットカード現金化を受け付けている現金化業者は非常に珍しいので、申し込みの選択肢が多いという点で価値はあると思います。

買取方式の相談もできる

キャッシュバック方式の現金化で商品が自宅に届くのが困るという場合は、換金クレジットに相談してみてください。

自宅に直接届かないようにする方法がベストだと思いますが、Amazonギフト券の買い取りによる現金化もできると思います。

換金クレジットでも、積極的に買取方式の現金化は行っていないと思いますが、相談してみたら応じてくれるかも知れません。

まとめ 換金クレジットでの現金化はおすすめ!

換金クレジットは、キャッシュバック方式を採用していて、安全に現金化ができます。

コラムで多数の情報を掲載して、利用者のために誠実に事業を展開していることが分かります。

優良な現金化業者だと思いますので、利用を検討する価値は大いにアリです!

クレジットカード現金化新着記事一覧

共有する

クレジット現金化業者リスト

クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP