【悪質な現金化業者の特徴】高収入アルバイトにご注意を!

クレジットカード現金化業者の中には、悪質な詐欺業者もいるので、引っかからないように気をつけてください。詐欺業者の手口を知っておくことで、騙される可能性も少なくなることでしょう。その手口の1つとして、求人広告で高収入のアルバイトや仕事に申し込むと、それが詐欺業者だったというもの。詳しく解説します。

高収入をうたっているものはほとんどが詐欺業者

1

高収入アルバイトの手口とは……

求人サイトを見ていると、明らかに一般的な水準以上の高収入をうたっているアルバイトや仕事が見つかったという経験はありませんか?

「簡単な入力作業だけ! 時給3,000円」
「電話に出るだけの簡単なお仕事です。日給3万円」

簡単な仕事で、時給3,000円や日給3万円はあり得ないですよね。
すべてが詐欺とは言い切れないかも知れませんが、そのほとんどが詐欺業者によるものだと思われます
こういった怪しい求人には、応募しないようにしてください。

でも、もし応募してしまったら、どうなってしまうのでしょうか?
詐欺業者が募集している求人に応募すると、面接に呼び出される場合と、電話の場合がありますが、概ね次のようなことを言われます。
このお仕事は登録制になりますので、最初に登録費用(初期費用)がかかります

この時点で怪しいと感じて、すぐに断ることができれば良いのですが、楽して高収入がもらえるという邪心があると、「登録費用さえ払えば……」と騙されてしまいますので、気をつけてください。

そして、この登録費用が高いのです。
少なくとも30万円、下手したら50万円なんて、悪質な業者もあります。

ただ、高収入だけにつられて応募する人は、そんなまとまったお金を持っていることは少ないでしょう。
そこで、詐欺業者が「クレジットカードをお持ちですか? ショッピング枠を現金化すれば、すぐに現金を手に入れられますよ」と、カード現金化を持ちかけてくるのです。

もちろん、詐欺業者が案内する現金化業者は、異常に還元率が低いでしょう。
30万円の現金を渡すために、50万円以上の決済をさせるかもしれません。
そうしたら、還元率60%以下ですね。通常ではあり得ない、低還元率です。

2

登録費用とカード支払いの二重苦に

暴利で現金化ができれば、詐欺業者の目的は達成です。
利用者には「これで登録が完了しました。1週間ほどで、仕事のご案内ができますので、しばらくお待ちください」などともっともらしいことを言いますが、当然仕事の案内が来ることはありません
最初のうちは、詐欺業者も電話に出てくれるでしょうが、1週間もすれば電話はつながらなくなるでしょう。

詐欺業者に引っかかった人は、現金30万円を支払った上に、カードの支払い50万円以上が身に降りかかってきてしまい、踏んだり蹴ったりの状態になってしまいます。

クレジットカード会社に、「詐欺業者に騙された」と泣きつきますか?
詐欺業者の指示とはいえ、自分の意志でショッピング枠を現金化してしまっているので、補償を受けられるどころか、クレジットカードが利用停止になってしまいますよ
ショッピング枠の現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止されていますからね。

損害を回復することは非常に難しく、利用者の泣き寝入りとなってしまうケースがほとんどなのです。

3

求人広告は費用対効果が高い

それにしても、なぜ詐欺業者は求人広告を利用するのでしょうか。
アルバイトなどの求人広告は、比較的安価で掲載することができます。
最近では、広告掲載費が無料で、採用した人数に応じて費用が発生する成果報酬型の求人広告もありますから、詐欺業者にとっても費用対効果が高いのです。

求人広告には、アクセスも集まりやすいですからね。
詐欺業者が労せずして、騙す人(カモ)を見つけられるのです。

そのほかにも、芸能プロダクションを装って、求人募集しているケースもありますので、気をつけてください。
「大規模オーディション開催! 女優への道が開けます」
こんな甘い言葉で誘い出して、適当なオーディションですぐに合格となりますが、レッスン料や事務所登録料という名目で、大金を請求されるのです。

このような詐欺業者が、クレジットカード現金化を悪用していることは許せません。
しかし、詐欺に引っかかってしまっている人が多いため、悪質業者がのさばっているのも事実です。
詐欺業者に騙されないように、甘い話には罠があることを理解しておきましょう。

あとがき

高収入アルバイトに潜む罠を解説しました。
高収入でおびき寄せて、クレジットカード現金化で現金を払わせるという手口が多いので、十分に気をつけてください。

クレジットカード現金化は、自分の意志で行うものであって、業者に指示されて行うものではありません。
クレジットカード現金化を勧めてくる業者は、怪しいと判断しましょう。

このような詐欺業者に、クレジットカード現金化のイメージを悪くされたくありません。
詐欺業者を撲滅して、クレジットカード現金化を正しく普及させていきたいものですね。

クレジットカード現金化新着記事一覧

共有する

クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP