• 現金化FAQ
  • 現金化サービス
  • 電子マネー
  • 金券
  • 携帯払い
  • 電子ギフト
  • 自分でやる
  • 現金化FAQ
  • 現金化サービス
  • 電子マネー
  • 金券
  • 携帯払い
  • 電子ギフト
  • 自分でやる

クレジットカード現金化の利用限度額はいくら?

クレジットカード現金化はいくらまで出来るのか?

クレジットカード現金化は借り入れと違い、審査不要で利用できるのが特徴です。

収入証明も不要ですし、在籍証明も不要です。
本人確認だけで利用できて、即日現金化も可能なので、急に現金が必要になったときに重宝します。

では、クレジットカード現金化ではいくらまで使うことができるのでしょうか。

クレジットカード現金化の上限は、ショッピング枠の利用限度額に依存します。

そして、やり方によっては利用限度額は増やすこともできます。

この記事では、

  • クレジットカード現金化の利用限度額について
  • 増枠申請で限度額を増やす方法
  • 現金化の注意点

などについて解説します。

クレジットカード現金化の利用限度額について

カードローンなどの借入れ限度額は「年収の1/3まで」と決められています。

これは総量規制というもので、借りる側の返済能力を超えないようにするための制度です。

クレジットカードのキャッシング枠も同様に総量規制の対象です。

しかし、クレジットカード現金化は総量規制の対象にはなりません。

なぜなら、クレジットカード現金化はショッピング枠を使いますが、ショッピング枠は総量規制の対象外だからです。

ただし、クレジットカード現金化にも限度額はあります。

それは、ショッピング枠の利用限度額です。

クレジットカード現金化はショッピング枠内で現金化するので、クレジットカードの枠が70万円であれば70万円まで現金化することができます。

これがリセットされて70万円に戻るタイミングは翌月以降にくる請求日に支払いが済んだあとです。

もし、20万円をリボ払いで利用したなら、毎月支払う額、例えば月々1万円づつ支払う設定をしたなら、翌月に回復する額は全額でなく1万円のみとなります。

リボ払いを使うと全ての支払いが済むまで上限の70万円までは回復しません。

ショッピング枠の利用限度額はいくらなのか

では、クレジットカードのショッピング枠の利用限度額はいくらなのでしょうか。

自分のクレジットカードの利用限度額を確認する方法は3つあります。

  • カード会社のサイトのマイページ
  • カード裏面のサポートセンターへ電話
  • カード利用明細

自分の限度額がいくらなのか分からないという場合は、カード会社のサイトのマイページにログインして確認できます。

カード会社のマイページにアクセスしたことがなければ、新規会員登録が必要になります。

またはカード裏面のサポートセンターへ電話して確認することができます。

毎月、カードの利用明細が届いている人は、利用明細にも利用限度額が記載されているためそちらで確認もできます。

カードの申込みをした際に、希望限度額を記入する場合がありますが、申請後、カード会社で審査を行い信用情報に問題がなければ、希望金額通り、または信用情報が優秀であれば希望額以上の限度額を与えられているはずです。

利用限度額は増やすことができる?

クレジットカードの利用限度額は上げることもできます

クレジットカードの利用限度額を上げる方法は以下の4つです。

  • 増枠申請をする
  • 複数枚のクレジットカードを合わせる
  • 新しいクレジットカードを作る
  • 持っているクレジットカードをアップグレードさせる

では詳しく見ていきましょう。

増枠申請をする

ショッピング枠の利用限度額は、「増枠申請」をすることで増やすことができます。

増枠方法は、カード会社のサイトのマイページにある「ご利用可能枠の増枠」から金額を入力して申込みします。(または電話で申込みも可能)

増枠には審査があり、結果が出るまで1週間から2週間ほどかかります。

カードの申込みをした時よりも信用情報に影響するようなマイナスとなる情報があれば審査落ちしてしまう可能性があります。

ただカード申請した時よりプラスになる情報があれば事前にお客様情報を修正(マイページなどから)しておくといいでしょう。

例えば、

  • 収入が増えた
  • 勤務先の規模が大きいところに変わった
  • 借入れが減った

などです。

このような変更があった場合は、登録情報を更新しておくことで審査も通りやすくなります。

また、「一時増枠」という方法もあります。

現金化のために利用する場合など一時的な増枠でいいならこちらのほうが比較的審査は緩く、すぐに増枠してもらえます。

カード会社によっては即日結果が出て増枠してもらえます。

一方、増枠を申請することで、以下のような注意点もあります。

増枠申請によるカード利用停止

増枠ができれば困った時には助かりますが、その一方、増枠申請をしたことでカードが利用停止になることもあります。

前述でお伝えした通り、増枠申請をすると「増枠をしても大丈夫なのか」、「増枠してもきちんと返済できるか」などを再度審査されます。

審査で否決となれば増枠はしてもらえませんが、最悪、カード利用停止となり使えなくなることもあります。

カードの申込みをした時よりも収入が下がったり、借入れが増えていたり、信用情報が悪化している場合は増枠の申請をきっかけにカード利用停止となる場合があります。

カード会社はカード発行後にも、利用状況や信用情報をチェックしていて、増枠申請のタイミングで審査される場合があります。

なので、増枠申請をする場合は、キャッシングやリボなどの残高が増えていたり、延滞がある場合は注意しましょう。

キャッシングの増枠はさらに厳しい

キャッシングは直接お金を引き出すことができるため、ショッピング枠の現金化より簡単に現金を手に入れることができます。

それならショッピング枠でなく、キャッシング枠を増額すればいいのではと思う人もいるでしょう。

しかし、キャッシング枠はショッピング枠よりも厳しい審査が課せられます。

キャッシング枠は一般的に借入れ(借金)ですから、総量規制の対象となり、年収1/3以内という基準をクリアしていないと増枠できません。

また、ショッピング枠が「買い物のための立替払い」なのに対して、キャッシングは「借入れ」なので審査は厳し目になります。

キャッシング枠の増枠申請も、それをきっかけにキャシング枠だけでなく、ショッピング枠も含めて利用停止になるリスクがあります。

複数枚のクレジットカードを合わせる

クレジットカードのショッピング枠の残高が足りない場合、クレジットカードを複数枚持っているなら、それを組み合わせて、それぞれのカードを現金化させることもできます。

例えば、

楽天カード:利用限度額の残高が20万円
セゾンカード:利用限度額の残高が25万円

このようなカードを持っている場合、最大45万円分の現金化ができることになります。

新しいクレジットカードを作る

クレジットカードの発行枚数に上限はありません。
申請してカード会社の審査が通過すれば何枚でも持つことができます。

持っているカード自体の増枠が難しければ、新たにクレジットカードを作ってショッピング枠を増やして、その分を現金化すすることもできます。

新しいカードの申請をするには、カード会社の審査があります。

クレヒスなど信用情報の評価が高ければ発行してもらえるでしょうが、借入れが増えていたり、延滞してしまったりと信用情報が悪化しているようだと審査に悪影響してしまうため、カード発行は不利となってしまいます。

クレヒスとは、

クレジットカードやローン、その他借入れの利用履歴とそれに基づく信用情報のこと。

クレヒスは、信用情報に影響しますから、延滞をせず支払い日を守る、なるべく一括返済をするなど心掛けることで良いクレヒスが作られていきます。

そうなれば、新規でカードも作成しやすいですし、借入れの審査も通過しやすくなります。

持っているクレジットカードをアップグレードさせる

持っているクレジットカードをランクをアップグレードさせることでショッピング枠を上げることができます。

ランクとはカードのグレードのことで、

一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード

などです。

違いとしてはサービス内容や特典といったところでしょうか。

グレードが上がるにつれてサービスや特典も良くなっていき、例えばポイントの還元率が上がったり、保険の保障額が増えたり、優待サービスなども増えたりします。

その代わり、カードの年会費は増額されます。

また、注意しなければならないのは、アップグレードの申請には改めてクレジットカード発行の審査が必要になる点です。

増枠申請同様、申請しても必ずアップグレード出来るとは限りませんし、そもそもインビテーションなどのお誘いが無いと申請すら出来ない場合もあります。

あくまで、普段から頻繁に使っているカードで、申請が出来る場合にとる方法です。

そうした費用の増加も見越した上で検討しましょう。

クレジットカード現金化の使い過ぎに注意

クレジットカード現金化は審査がないため、カードさえあれば誰でも利用することができます。

とても便利な方法なのですが、使いすぎには注意が必要です。

利用する前に考えなければならいことは返済についてです。

現金化したあとは必ずカード会社から請求(毎月の引き落とし)がきます。

現金化業者を使う場合場合、利用金額が大きくなればなるほど還元率が高くなってお得になりますが、だからと言って必要以上に利用すれば返済で苦労することになります。

もちろん、クレジットカードのリボ払いや分割払いで月々の返済を軽くすることはできますが、この場合は分割手数料(年率15%程度)が別途かかることになるので、できるだけ翌月一括払いできる範囲内で利用するのが望ましいです。

もし、返済ができず滞納が続けば、カードが利用停止にもなりますし、クレヒスにもキズが付き、今後のカード発行やローンを組む際にも支障が出てしまいます。

現金化をする場合は、カードの利用限度額を参考にして、自分の収入や毎月の支出を考えて、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

一番簡単にクレジットカードを現金化する方法は?

クレジットカードの現金化は急なお金の工面に便利ですが、やり方によっては手間や時間が掛かり面倒です。

一番簡単かつ安全に現金化をするなら現金化業者の利用がおすすめです。

ウェブから申し込みをすれば、振り込みまで一箇所で手続きが完了します。 買取換金率も高く、土日夜間でも即日振込みに対応してくれる業者もあります。

自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減しますのでカードの停止が心配な人にも最適です。


スマイルギフト
評価 4.6
最高買取率 99.2%
即日振込
所在地 東京都千代田区神田

最大99.2%。24時間受付で即日振り込み可能。

年中無休 24時間

タイムリー
評価 4.2
最高買取率 98.6%%
即日振込
所在地 東京都港区浜松町

最大98.6% 夜間振込可能 最大5万円キャッシュバックキャンペーン

年中無休 8:00〜20:00

あっとマネー
評価 4.1
最高買取率 98.8%%
即日振込
所在地 東京都府中市本町1丁目

換金率91%→94%優遇キャンペーン実施中。初回10分。年中無休20時まで対応可能。

年中無休 9:00〜20:00

スマイルギフト
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 99.2% 東京都千代田区神田

最大99.2%。24時間受付で即日振り込み可能。

年中無休 24時間

タイムリー
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 98.6%% 東京都港区浜松町

最大98.6% 夜間振込可能 最大5万円キャッシュバックキャンペーン

年中無休 8:00〜20:00

あっとマネー
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.1 98.8%% 東京都府中市本町1丁目

換金率91%→94%優遇キャンペーン実施中。初回10分。年中無休20時まで対応可能。

年中無休 9:00〜20:00

現金化FAQ / クレジットカード現金化の利用限度額はいくら? ( 投稿日 2021年04月28日 更新日 )
くぼけん管理人
当サイト管理人。20代で700万円の借金を負うも独自の資金繰りで2年で完済。“知らない人は損をする”を信条に今まで200件以上の「お金の裏技」を研究。最近の興味は任意整理と消滅時効ハック。

関連の記事