• ホーム
  • 自分で現金化
  • お金が無い!
  • 現金化の疑問解決
  • 現金化業者比較
  • お金の裏技
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • 自分で現金化
  • 金券の現金化
  • 金券ショップで現金化
  • Amazonギフト券現金化
  • 電子決済サービスで現金化
  • 電子ギフト券の現金化
  • 電子マネーの現金化
  • ポイントの現金化
  • 転売・買取で現金化
  • 携帯キャリア決済の現金化
  • 後払い決済現金化
  • 外貨・仮想通貨で現金化
  • お金が無い!
  • ギャンブル
  • 債務整理
  • 給与ファクタリング
  • 融資・カードローン
  • 現金化の疑問解決
  • クレジットカードマニュアル
  • クレジットカード別
  • 現金化のよくある質問
  • 現金化のリスク・詐欺被害
  • 現金化業者比較
  • お金の裏技
  • お問い合わせ

クレジットカード現金化の手順・流れを徹底解説

マネーハック研究家・当サイト管理人

クレジットカード現金化で現金が作れる理由とその手順

キャッシングやカードローンなどとは違って審査不要で、お金を工面する方法として、クレジットカード現金化があります。

「聞いたことはあるけど、どんなものなのか分からない・・・」

「どうやって現金が受け取れるのか心配・・・」

「もしかして闇金???」

このようにに思う人も多いかもしれません。

そんな人の疑問を解消するために、主にネットから申込みするクレジットカード現金化の手順について徹底解説します。

この記事では、

  • クレジットカード現金化の実際の手順
  • クレジットカード現金化のデメリット
  • クレジットカード現金化とその他の融資との違い

について解説します。

クレジットカード現金化の流れについて

クレジットカード現金化には「買取式」「キャッシュバック式」の2つの方法があります。

  • 買取式
  • 買取式は、カード購入した商品を業者に買い取ってもらうことで現金を受け取る方法

  • キャッシュバック式
  • キャッシュバック式は、指定商品をカード購入して、特典としてキャッシュバックという形で現金を受け取る方法

近年、買取式の業者よりもキャッシュバック式の現金化業者のほうが多くなっています。
それは、キャッシュバック式の現金化のほうが、簡単に取引きでき、即日現金化することができるからです。

業者側も利用者側も手続きや工程が少なく済むため、どちらにとってもキャッシュバック式のほうがメリットが多いのです。

買取式は商品を発送する手間や業者に商品が到着してからの現金受け取りとなるため、早くても数日はかかりますから、利用するならキャッシュバック式の現金化業者を選ぶほうがいいでしょう。

即日現金が受け取れます。

今回はこのキャッシュバック式の流れや手順について解説します。

現金化手順

① カード残高を確認しておく

まず、現金化する際に、クレジットカード残高を確認しておく必要があります。
クレジットカードは個人名義でも法人名義でも大丈夫ですが、ショッピング枠の残高が無いと利用できません。

現金化は、ショッピング枠の残高内ですることになります。
そのため、事前に「ショッピング枠全体でいくらあるのか」、カード利用した分があれば「残高はいくら残っているのか」確認する必要があります。

業者によっては申込みフォームに、残高を入力する欄が設けられている場合もあります。

残高を確認する方法ですが、カード会社のサイトのマイページからリアルタイムの残高が確認できます。

また、最近ではカード会社のアプリなどからもすぐに確認することができます。
どちらも最初に登録が必要ですが、請求額や支払い日などもすぐに確認できますし、登録しておいて損はありません。

クレジットカード裏面に記載されているカスタマーサポートなどに電話して確認することもできます。面倒な方は電話でもいいでしょう。

イオンウォレット暮らしのマネーサイトテレフォンアンサー

イオンカードより引用

また、現金化業者では取り扱っていないカードブランドもあります。

例えば、アメックス、ダイナース、JCBは現金化などの不正利用に厳しいため、カード会社にバレやすかったり、決済手数料が高いことなどが理由で中には扱っていない業者もあります。

近年多くの優良業者では全てのカードブランドが取り扱われるようになっていますが、業者を利用する前に確認することをおすすめします。

②現金化業者を選定する

次に現金化業者を選定しましょう。
クレジットカード現金化業者はどんどん増えており、今ではたくさんあります。
業者を選ぶ際の判断基準は、換金率、振り込みスピード、提出物の3つです。

換金率の相場は利用金額によって変動があり70%〜80%程度が相場です。

10万円の利用だと80%が基準となりますので、それによって見定めます。

また、振り込みスピードとは、申し込みをしてから迅速かつスムーズに入金されるかです。

最近では、手続きは、初回利用でも1時間程度で終わって、その後、即座に振り込みをしてくれる即日対応業者が主流です。

中には、入金が翌日だったり、1週間以内などとなっている場合もありますので注意が必要です。

③実際の入金額を見積もってもらう

業者のサイトには換金率が掲載されています。
換金率が高いほうがそれだけ現金も多く受け取れるのですから、換金率が高い業者に申込みしたくなりますよね。

しかし、高換金率を謳っている業者には要注意です。
HPに記載されている最高換金率は、100万円以上など高額利用のみに適用される条件になっています。

自分が使いたい少額のプランではもっと低い換金率が適用される場合があります。

換金率表の記載がある場合、それが目安になりますが、別途、換金率以外に手数料がかかる場合があります。
すでに手数料分を引いて換金率を掲載してくれている業者もありますが、実際に想定していた換金率と誤差が生じる場合があるので、注意が必要です。

実際にカード決済をしてしまうとあとから取り消すのは難しくなるので、決済する前にちゃんと振り込み金額を確認しておきましょう。

例えば、申込後のヒアリングの段階で、

「〇〇円現金化したいんだけど、いくら振込みしてもらえるのか?」
「〇〇円現金が必要なんだけど、いくらで申込みすればいいのか?」

このような感じで、聞いておくとと安心です。

電話で確認すると、業者の対応もチェックできます。

悪徳業者であれば、こうした質問に対して威圧的だったり、面倒くさそうな返答だったり、感じは良くありません。
少しでも違和感があれば利用しないほうが無難です。

優良業者であれば、利用者に寄り添う丁寧で気遣いのある対応、感じも気持ちの良いものです。

対応も業者を見分けるポイントです。

④サイトから申込み

業者を選定したらサイトにある「申込みフォーム」から必要事項を入力して送信しましょう。

以下のような情報を入力します。

ハピネス申込みフォーム

この時点でのクレジットカードの情報は、ショッピング枠の残高額だけ入力します。

以前は自分で決済は行うことが多かったのですが、最近では業者側で決済を行うタイプが多くなっています。
そのため、申込みだけすれば迅速に間違いなく手続きができるようになっています。

申込み時に準備しておくものは以下の3点です。

  • クレジットカード
  • 身分証明書
  • 預金通帳(振込み先口座)

これらを手元に用意してから申込みしましょう。

⑤申込み内容の確認及び本人確認

申込後、希望した時間に折り返し業者から連絡がきます。

電話で折り返し連絡が来て、入力内容に間違いがないか、「申込み内容の確認」と「本人確認」が行われます。

第三者のクレジットカードでの不正利用を防ぐ理由から、「身分証明書」による本人確認は、どこの業者でも必ず行います。

和光クレジット本人確認

このようなものを提示しますが、ない場合は他にも

  • 年金手帳
  • 個人番号カード
  • 学生証(満20歳以上)
  • 在留カード

身分証明書の提示方法ですが、身分証明書の写真を撮り、メールやLINEなどに添付して業者に送ります。その際、本人であることの証明として自分の顔も一緒に写った写真を要求されることがあります。

また、現金の受取りは口座への振込みになりますから、振込先口座番号を業者へ伝えます。

業者によってはクレジットカード決済後に振込み先を聞いてくる場合もあります。

⑥指定商品をカード決済で購入する

業者側で本人確認が取れれば、指定された商品をカード決済で購入します。

業者側でカード決済をしてくれる場合が多くなっています。

キャッシュバック方式の場合、ここで購入する物というのは、あまり価値のない物になります。

百均などでも売っているようなものですが、例えば

  • CD、DVD
  • おもちゃのアクセサリー
  • 数珠
  • ブレスレット

などです。

現金化ですからあくまでお金がメインの取引です。
購入するものは何でもいいのです。

支払い方法は一括払いしか選択できないかもしれませんが、分割やリボを選択したければ、決済後にカード会社に連絡し、分割やリボに変更することができます。

手続きは、カード会社HPのマイページから手続きできます。

⑦現金が振込みされる

次に、業者側で決済を確認して、確認が取れればすぐに現金を振込んでくれます。

早ければ決済から10分ぐらいで済みます。

⑧商品を受けとる

最後に、ネットショッピングした商品が届くので受け取ります。

送り先は自宅以外も選択できます。

家族がいてバレたくない場合などは営業所止めにすれば家には届きません。連絡がきたら受け取りに行きましょう。

ただ差出人や商品内容は現金化がバレるようなことは書かれていません。業者側でも疑われるような書き方はしませんから安心してください。

現金化が目的で、すでに現金も振込みされていますから商品は必要のない物かもしれませんが、あくまでもクレジットカードで商品を購入してキャッシュバックを受けたという形なので、形式上必ず商品は受け取らなくてはいけません。

また、カード会社へ現金化利用分の支払いが済めば、完全に自分の物となりますから必要なければ処分しても大丈夫です。しかし、カード会社に支払いが済んでいない商品はまだカード会社に所有権があります。

もし現金化の疑いがかけられ、それを勝手に処分していれば証拠がないために弁解のしようもありません。

現金化ではないという証拠にもなるため、支払いが終わるまでは手元に置いておくことをおすすめします。

クレジットカード現金化のメリット

キャッシュバック式の現金化を利用する際、以下のようなメリットがあります。

即日すぐに現金化できる

申込みから最短30分~1時間程度で現金化することができます。

初回は本人確認など流れや手順など不慣れですから時間もかかるでしょうが、2回目以降は本人確認がありませんし、同じクレジットカードの利用であれば電話1本ですぐに現金化してもらえます。

夜間でも対応している業者があるため、即日すぐに現金化したい場合、自分でやるよりも業者に依頼したほうが確実です。

オンラインで完結

キャッシュバック式の現金化は全てオンラインでできるのが特徴です。

手続きも簡単で最近ではカード決済も業者側でやってくれるため、通常のネットショッピングと同じで家で待っているだけで即日現金化が可能です。

スマホやパソコン、タブレットなど、ネットが繋がる環境があれば、どこにいても申込みでき、現金を振り込むための口座があれば誰でも申込みできます。

現金化がバレにくい

キャッシュバック式の現金化はカード会社にバレにくいというのが大きなメリットです。

自分で現金化をするとき、換金性の高いものを購入すればすぐにカード会社に現金化がバレてしまうでしょうが、業者でキャッシュバック式の現金化をすれば、決済情報はダイレクトに送信されずにカモフラージュされ、アルファベットでの表記でカード会社に届きます。

何を購入したのかは一目で分からず、カード会社の監視システムにもかかりません。

自分で現金化するよりも安全に現金化ができます。

クレジットカード現金化と借入れ(融資)の違い

クレジットカード現金化はお金を借りる行為ではありません。

ここまで流れや手順を説明してきたので分かると思いますが、ショッピング枠をお金に換えるため、通常のお買い物で使っているのと同じ意味になります。

ですから現金化したあとは、翌月以降カード会社から請求がきたら支払うことになり、これは「割賦販売法」に基づいた取引です。

しかし、融資は「貸金業法」によるものです。

貸金業法では総量規制によって年収の1/3以上は借入れできないことが決められていますが、クレジットカード現金化は貸金業法には当たりませんから、この総量規制の対象外となります。

また、融資は利息がかかり、利息制限法に基づいて、貸付け額の15%~20%の上限金利で貸付けを行わなければならないと決められています。

例えば

10万円の借入れをして18%の金利だとします。
月々1万円でリボ払いの返済をすれば10回払いとなり、トータルの利息は8,130円となります。

ではクレジットカード現金化はどうでしょうか。
借入れではありませんが、支払い方法をリボで選択すればもちろん金利はかかります。

同様に、

10万円をクレジットカードのショッピング枠を使って現金化し、リボ払いを使った場合で月々1万円の返済を希望すれば
年利15%で10回払いとなり、利息は6,875円になります。

キャッシングなどの借入れよりも現金化のほうが利息が安く済みます。

ただしここで注意しなければならないことがあります。
キャッシュバック式の現金化業者を利用する場合、現金化業者に別途支払う手数料があります。

現金化業者は換金率と手数料合わせて2割〜3割ほどかかります。

ですから業者にもよりますが10万円申込みすれば受取額は7万円〜8万円程度となります。

貸金業法でいえば30%の手数料とカード会社のリボの金利15%で計45%の手数料がかかることになります。

およそ半分ですから、融資の利子と比べると、カード現金化の方が不利になるということが分かるかと思います。

審査がなく、即日現金が手に入るためいざという時には便利な現金調達ですが、多くの手数料がかかることを忘れてはいけません。

クレジットカード現金化のデメリット

悪徳業者の存在

クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者もいて、年々増えているのが実態です。

悪徳業者によって、お金を騙し取られたり、無理やり現金化させられたり、個人情報を闇金などに流されたり、カード情報を悪用されたりといった被害が増えています。

そのためによく下調べをして、実績があり、利用者の多い業者を選ぶ必要があります。
評判サイトの中には、悪徳業者自身で作られたものもあるため、1つのサイトだけでなく、いくつかサイトを見るのがポイントです。

業者のサイトも以下の点など細かくチェックしてみましょう。

  • 分かりやすく書かれているか
  • 会社情報など記載されているか
  • 誤字脱字があるなど雑に作られていないか
  • あまりに高換金率などの好条件が書かれていないか

問い合わせをして対応などをチェックするのもいいです。
威圧的な対応、強引に利用させようとするなどの兆候があれば利用しないほうが無難です。

換金率が低くなる場合がある

例えば、金券類をクレジットカードで買って、金券ショップで売る現金化の方法がありますが、こうした自分でやる現金化の場合、高い換金率で現金化が可能です。

こうした方法に比べ業者を利用した方法は、手間と時間が掛からない分、、条件によっては、換金率が低くなる場合があります。

カード会社の規約違反になる

クレジットカード現金化はカード会社の規約では禁止行為となっています。

カードで購入したものの返済(カード会社への支払い)が済んでいないものを転売することはルール違反ということです。

第22条(ショッピングの利用)
10.会員は、現金を取得する目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠、ショッピング残高枠(第19条第2項に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。なお、ショッピング枠現金化には以下の方式等がありますが、現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります。
・・・・・

第6条(カードの貸与と取扱い)
2.カードの所有権は当社に属し、カードおよびカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できないものとします。また、会員は現行紙幣・紙幣の購入、または現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を使用してはならず、または違法な取引に使用してはなりません。

第15条(カード利用の一時停止等)
2.当社は、会員が利用枠を超えた利用をした場合もしくは利用をしようとした場合、利用枠以内であっても短時間に換金性商品を連続して購入する等カードの利用状況が不審な場合または延滞が発生する等のカード利用に係る債務の支払状況等の事情によっては、カードショッピング、キャッシングリボおよび海外キャッシュサービスの全部または一部の利用を一時的にお断りすることがあります。

第23条(会員資格の取消)
1.(4)換金を目的とした商品購入の疑い等、会員カードの利用状況が不適当または不審があると当社が判断した場合

このように、現金化がカード会社に知られてしまえばカードは利用停止、または会員資格取消し処分などを受けるリスクがあります。

クレジットカード現金化は自分でやることもできる

現金化は業者に依頼する方法だけでなく自分でクレジットカード現金化をやることもできます。

自分でやる手順は、

  1. 換金性の高い物をクレジットカードで購入する
  2. 買取店や金券ショップなどで換金

手順はこれだけです。

しかし、自分でする現金化の難しいところは、換金性の高い物を的確に見つけて購入しなければならないところです。

例えば金券類は90%以上で換金できるため現金化ではよく利用されますが、クレジットカード現金化に利用されないようにするためにカード決済ができない場合も多くあります

金券類以外で高換金率が期待できるものはブランド品、ブランド時計、家電、パソコン、スマホ、ゲーム機類などがありますが、人気機種やメーカーを選ばないと買取額が低くなってしまい損する結果となってしまいます。

事前に高く買い取ってもらえるものを調べてから、購入するようにしましょう。

また、買取ショップごとに買取額や換金率は異なります。
できるだけ高く買い取ってもらえるお店に持ち込んだほうが得なので、そういう意味でも買取店の下調べは有効です。

自分でやる現金化は、90%以上の高換金率が期待できるものの、転売する商品選びから買取ショップ選びなど事前に調査が必要で、かなりの手間と時間がかかります。

また、自分でクレジットカードを使って換金性の高い物を購入することはカード会社に現金化がバレやすくなります。

購入したものの情報がカード会社にダイレクトに届くため、自分でやる現金化は業者を使うよりもカード会社に知られてしまうリスクが高いのです。

自分でやる現金化の場合は、リスクと手間がある点を理解しておく必要があります。もし、換金率が下がっても、できるだけ簡単に早くお金を手に入れたいのであれば、業者を利用するのがおすすめです。

一番簡単にクレジットカードを現金化する方法は?

クレジットカードの現金化は急なお金の工面に便利ですが、やり方によっては手間や時間が掛かり面倒です。

一番簡単かつ安全に現金化をするなら現金化業者の利用がおすすめです。

ウェブから申し込みをすれば、振り込みまで一箇所で手続きが完了します。 買取換金率も高く、土日夜間でも即日振込みに対応してくれる業者もあります。

自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減しますのでカードの停止が心配な人にも最適です。


キャッシュライン
評価 4.6
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都府中本町

土日祝日でも即日振込可能。

年中無休 9:00〜20:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.4
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

あんしんクレジット
評価 4.4
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

年中無休夜20時まで営業で即日対応。リボ・分割払い可能。5%UPキャンペーン実施中。

年中無休 9:00〜20:00

キャッシュライン
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98.8% 東京都府中本町

土日祝日でも即日振込可能。

年中無休 9:00〜20:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

あんしんクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 98.8% 東京都渋谷区

年中無休夜20時まで営業で即日対応。リボ・分割払い可能。5%UPキャンペーン実施中。

年中無休 9:00〜20:00

現金化のよくある質問 / クレジットカード現金化の手順・流れを徹底解説 ( )
窪田賢太郎(くぼけん)マネーハック研究家・当サイト管理人
お金の裏ワザ研究所・クレジットカード現金化評判まとめ管理人。20代で700万円の借金を負うも独自の資金繰りで2年で完済。“知らない人は損をする”を信条に今まで200件以上の「お金の裏技」を研究。最近の興味は任意整理と消滅時効ハック。
お金の裏ワザ研究所公式Twitter(@kubokenlabo

関連の記事